視力回復手術についての豆知識カテゴリの記事一覧

近視レーザー手術の方法

レーシック手術とPRK手術という方法が、近視レーザー手術では用いられています。

レーシック手術では角膜の表面にフラップというフタを作ります。


これにはマイクロケラトームという名の精密な装置を用います。


そのフラップを裏返した後で露出した角膜をエキシマレーザーというレーザーで正確に削り、再びフラップを元に戻して終了する手術です。


入院の必要がないことがレーシック手術の特徴で、痛みを抑えるために点眼麻酔を使用します。


次の日から視力が回復しますので仕事や学校に復帰できます。


両目同時に手術をすることも十分可能で、レーシック手術による近視レーザー手術は片方の目の手術の所要時間は10分程度です。


手術中の痛みもほとんどなく、出血もないことがレーシック手術の特徴といえます。


レーシックの手術後に少ししみるような感じにはなりますが、翌日には目が多少ごろごろする程度です。


近視レーザー手術の方法であるPRK手術は、フラップを作成せずにエキシマレーザーを角膜表面に照射する手術方法です。


手術による合併症が比較的起こりにくいことがPRK手術の特徴です。


しかし、手術後に視力が回復するまでに7日程度必要です。


近視レーザー手術によって裸眼で1.0前後の視力にまで回復することが期待できます。ただし、元々の視力や乱視の度合いによって個人差があります。


手術を受けるかどうか決める時は、手術を担当する医師とよく相談して手術を受けるべきか否かを考えましょう。

 
「モバイル」視力回復”ジニアスeye"