視力回復手術についての豆知識カテゴリの記事一覧

近視レーザー手術のメリットとデメリット

視力回復のための近視レーザー手術には、当然ながらそれぞれ利点と欠点があります。


近視レーザー手術のメリットはメガネやコンタクトレンズなどの煩わしさから開放されて、快適な生活ができるということです。


近視レーザー手術によってコンタクトレンズの使用コストもかからなくなりますので、コンタクトレンズを作る費用や手入れの手間、消耗品費用もかかりません。


近視レーザー手術そのものは痛みを伴わず、時間もそれほどかからないという点も魅力的です。


技術の進歩によって成功度も安全性も高いことも近視レーザー手術の魅力といえます。


半永久的に近視を直したい時には、近視レーザー手術はうってつけといえます。


ですがデメリットなども近視レーザー手術にはあります。


どんな人でも近視レーザー手術を受けることかできるけでもなく、近視レーザー手術は目の状態や一定の病気の人は受けることができません。


近視レーザー手術によって失明した例はありませんが、この手術は外科的なものであり、担当医師の腕次第で万が一ということもありえます。


近視レーザー手術は近視治療の新しい技術なので、施術後に長い時間が経過した時に視力は維持され続けるのかは実証がなされていません。


近視レーザーによる手術は費用が高いのもデメリットで、保険が利きませんので、平均して10万円前後から50万円ほどかかることもあるようです。


利点や欠点を十分に把握し、集めた情報を元に念入りに検討をして、今近視レーザー手術を受けることが自分にとってメリットがあるか否かを判断してください。

 
「モバイル」視力回復”ジニアスeye"